素人料亭 まる正

営業時間 10:00~23:30(年中無休)

チヌの炙りだし茶漬けの作り方

不味くない!臭くない!チヌを炙ったら香ばしくて格段に美味しくなるぞ!
写真:チヌの出汁茶漬け

黒鯛(クロダイ)、別名「チヌ」のだし茶漬けの作り方をご紹介します。店主が釣ってきたチヌを捌き、冷蔵庫で寝かせ、皮を湯引きして炙り、出汁の利いた煎茶をかけて食べる旨味が満載のお茶漬けです。最初、出汁をかけるかお茶をかけるかで迷いましたが答えは出ず、結局両方かけました。店主はド素人ですので今回も作り方はド素人です。

写真:チヌの出汁茶漬け
写真:黒鯛の茶漬け
写真:チヌの切り身の皮目を湯引き
写真:チヌの皮をバーナーで炙る
写真:チヌ(黒鯛)をタレに漬け込む
写真:出汁茶

材料

  • チヌの切り身(皮付き) 刺し身 5〜7切れ分
  • ごま 大1
  • 醤油 小2
  • 日本酒 大1
  • みりん 大1
  • ご飯 お茶碗1杯
  • わさび 適量
  • お茶 200cc
  • 顆粒昆布だし 小1

作り方

  1. チヌの切り身の皮目をクッキングシートで覆い、熱湯をかけて湯引きをします。
  2. 湯引きしたチヌの切り身を氷水で冷やし、水分を取り除いてガスバーナで皮目を炙り、刺し身5〜7枚ほどを切り出します。
  3. 続いて切り身を漬け込むタレを作ります。鍋に醤油、日本酒、みりんを入れアルコールを飛ばす為にひと煮立ちさせ冷まします。
  4. タレが冷めたら磨ったごまを入れてよく混ぜ、チヌの切り身を15分〜20分漬け込みます。
  5. ご飯の上に漬け込んだチヌの切り身をいい感じに盛ります。
  6. 熱々の煎茶に顆粒だしを加えよく混ぜ、身の上に丁寧に回しかけて完成です。

調理ワンポイントMEMO!

まる正 店主
まる正 店主
今回はたまたま良型のチヌが釣れましたので「鯛茶漬け」っぽくしてみました。
しかも今回は暇でしたので、皮目を湯引きして炙ってみました。
「炙り」は素人の憧れ、やってみたくなるものです。
多分...いや、きっと美味しくなるのでは?と根拠のない期待も詰まってます。

料理評論家のコメント

料理人Mさん
料理人Mさん
確かに店主は何でも炙りたがる。
正にド素人。うーん、ド素人。
でもたまたまなのか、湯引きしたのは正解。
甘さを抑えているのも私好みじゃの〜ぅ♪

この料理のキーワード

スポンサーリンク

お魚・海鮮料理関連レシピ

GO TO TOP