素人料亭 まる正

豚軟骨のやわらか煮込み丼の作り方

圧力鍋で豚軟骨がゼリーに!コラーゲンをゲット!
写真:豚軟骨の柔らか煮込み丼

固い豚軟骨を圧力鍋を使って柔らかく、そして甘辛く煮込んでご飯に盛ってみました!圧力鍋を使用することで豚軟骨はゼリーのように柔らかくなり、お肉はほろほろに!ご飯と一緒にコラーゲンを摂取できます。今回は醤油やお酒、みりんなどで甘辛く煮込んでご飯のすすむ味付けにしてみました。ぜひお試しください。

写真:豚軟骨の柔らか煮込み丼
写真:豚軟骨を下茹でします
写真:圧力鍋で加圧し、煮込んでいきます
写真:ご飯に汁を回し掛けます

材料

  • 豚軟骨肉 80g
  • ご飯 1杯(お好みで)
  • 水(煮込み用) 400cc
  • 醤油 ※ 大さじ 2
  • お酒 ※ 大さじ 3
  • みりん ※ 大さじ 3
  • 砂糖 ※ 小さじ 2
  • 生姜汁 ※ 小さじ 1
  • 和風だし ※ 小さじ 1
  • 万能ねぎ お好みの量
  • 山椒 お好みの量

作り方

  1. 豚軟骨をやさしく水洗いして汚れを落とし、沸騰したお湯で2分ほど茹でます。そして再度水で汚れなどを洗い落とします。
  2. 圧力鍋に茹でた豚軟骨、水400cc、※の調味料を入れ、30分加圧します。加圧とはシュッ!シュッ!シュッ!またはシュ~~~♪と音を立てている状態です。加圧までは中火。加圧に入ったら最小の弱火にします。
  3. 30分加圧したら火を消し、コンロから下ろさずに減圧をします。
  4. 完全に減圧したらふたを開け、豚軟骨の軟骨が柔らかくなっているかを確認しご飯の上にのせます。(もし軟骨が固ければ、水を少量加え再度5分ほど加圧してみてください。)
  5. 汁に浮いた油をスプーンなどで取り除き、大さじ2ほどをご飯に回し掛けます。
  6. 最後にお好みで刻んだ万能ねぎや山椒をかけて完成です。

調理ワンポイントMEMO!

まる正 店主
まる正 店主
今回のポイントは豚軟骨を丁寧に洗って下茹でをして臭みを取り除くことです。
そして加圧は最弱の弱火ですることです。
焦げた匂いがしたら、光速で火を消しましょう。
圧力鍋の種類で蒸気の逃げる量が違いますので、加圧時間の30分はあくまで目安です。
また、汁が濃い場合は水を軽量スプーンなどで少量ずつ加え調節してください。

料理評論家のコメント

料理人Mさん
料理人Mさん
この甘辛さ!とにかくご飯がススムのぉ!
30分じっくり加圧することによって、あの固い豚軟骨がまるでゼリーみたいになっておる!
これならコラーゲンとしてしっかり吸収されるかもなぁ?
(専門家じゃないのでよくわからんが...)
最後に、圧力鍋の減圧は必ずしっかりと行いましょうな!

この料理のキーワード

肉料理関連レシピ

GO TO TOP