素人料亭 まる正
店主の日々の飯

ある事情で今夜は麻婆豆腐…

2020年12月7日(月曜日)

自炊

仕事から帰宅して冷蔵庫を開けてみたら、賞味期限が明日の豆腐を発見。
長ねぎもあったので、お豆腐一丁をまるまる麻婆豆腐にすることに。

先ずはたっぷりのお湯と少々の塩でお豆腐を茹でます。
豆腐を下茹ですると弾力が出てぷるぷるに!
そして仕上がりが白っぽくならなくて色の濃い、カッコいい麻婆豆腐ができるような気がします。

写真:麻婆豆腐の合わせ調味料

今回の合わせ調味料は、豆板醤、甜麵醬、お酒、オイスターソースにしてみました。今回お醤油は選抜されず。

写真:刻んだ豆鼓

サラダ油で豚のひき肉をしっかり炒めます。脂が透明になるまで炒めたら、豚肉の臭みが消えるそうですよ。テレビか何かで中華料理の偉い人がそう言っていました。
そして刻んだ豆鼓を加えて旨味と香りをプラスします。

写真:ニンニクとショウガを加える

今日はチューブのニンニクとショウガを使用。面倒くさい時にはありがたいです。そしてよく混ぜながら炒めていきます。

写真:合わせ調味料を加えます

合わせ調味料を加えます。この時なんやかんやよく跳ねるので毎回怖いです。
なんかハンバーグみたい。

写真:合わせ調味料とひき肉をしっかり煮込みます

しっかり炒めて肉に味を浸み込ませます。
毎回思いますが、この時点でご飯にかけても美味そうです。
(今度やってしてみようかな?)

写真:スープを加えて煮込みます

鶏ガラスープを加えます。
もちろん鶏ガラスープの素を使用しています。
これもまた便利ですよね。

写真:豆腐を加えて煮込みます

いい感じに茹で上がったお豆腐を加えます。プルンプルンです♪
混ぜるときはお豆腐が崩れやすいので、やさしく、やさしく、丁寧に。

写真:刻んだネギを加えます

刻んだ長ねぎを加えます。
小学校の時の給食の麻婆豆腐は確か玉ねぎだった様な …
でも私はやっぱり長ねぎ派ですね。
そしてここで砂糖や塩、お醤油などで味の調整をします。

写真:水溶き片栗粉とごま油を加えます

しばらく煮込んでから、良きタイミングで水溶き片栗粉を加えてとろみを付けます。このときしっかり火を入れると片栗粉が水に戻りにくくなるそうです。
これもテレビか何かで、中華料理の偉い人が言ってました。

写真:麻婆豆腐の完成です

そして器に盛って完成!

写真:私の麻婆豆腐

あっ、すぐ側に白ご飯もいらっしゃる!

写真:麻婆豆腐とご飯の相性は抜群

麻婆豆腐は白ご飯との相性が本当に良い!抜群です!
久々に満足できる夜ご飯を作ることが出来ました。

さすがに残り半分は明日食べよう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

店主のレシピをランダムに

GO TO TOP